Cheap Dive into React Native(紙本の注文場所は移動しました。商品紹介を見てください)

Cheap Dive into React Native(紙本の注文場所は移動しました。商品紹介を見てください)

※Boothの使い方を間違えてた事に気がついたので、電子書籍版と販売ページをまとめることにしました。  受付済みのものを除き、以降の受注生産分は↓で受け付けます。  https://echigo-ya.booth.pm/items/825721 【技術書典4 新刊】 Cheap Dive into React Native(B5相当で100ページ)は、React Nativeの様々な側面に着目したプログラミング解説書です。 2015年に登場したReact Nativeは活躍の場を広げ続けています。 AndroidとiOSの素直なネイティブプロジェクトを内包した本来の姿だけではなく、JSのみでプロジェクトを構築できるCRNA/Expoや、ブラウザ向けの実装も登場し、どんどんと裾野が広がっています。 本書は、これらReact Nativeの魅力を余すところなく取り上げています。

    ※Boothの使い方を間違えてた事に気がついたので、電子書籍版と販売ページをまとめることにしました。  受付済みのものを除き、以降の受注生産分は↓で受け付けます。  https://echigo-ya.booth.pm/items/825721 【技術書典4 新刊】 Cheap Dive into React Native(B5相当で100ページ)は、React Nativeの様々な側面に着目したプログラミング解説書です。 2015年に登場したReact Nativeは活躍の場を広げ続けています。 AndroidとiOSの素直なネイティブプロジェクトを内包した本来の姿だけではなく、JSのみでプロジェクトを構築できるCRNA/Expoや、ブラウザ向けの実装も登場し、どんどんと裾野が広がっています。 本書は、これらReact Nativeの魅力を余すところなく取り上げています。